ASSOCIATION OF JOB INFORMATION OF JAPAN
公益社団法人 全国求人情報協会

求人広告賞

求人広告賞とは

求人メディアが企業の採用活動をお手伝いをするなかで、仕事を探す読者・ユーザーに詳細な労働条件や職務内容、入社後の育成環境や育成方針、企業の人材観などの有益な情報を提供することによって、人と企業のマッチングに貢献した事例を広く収集し、採用成果に貢献したメディアの担当者を表彰するものです。

2020年度は、2020年3月~2021年3月に掲載された広告の中から87点(印刷メディア部門31点、求人サイト部門56点)が応募され選考委員(選考委員長:佐藤博樹・中央大学大学院戦略経営研究科教授)により下記3点が選出されました。

※文中の敬称略。受賞作品の無断転載・複製は禁止しております。

 

求人広告賞2020 印刷メディア部門

デイサービスセンターポモック の求人広告(PDF)
※この広告は掲載当時のもので募集は終了しています。

受賞者 冒険王株式会社 平野智子
掲載媒体 ジェイウォーム 2020/4/17~5/21
受賞理由 介護というだけでイメージが悪く、応募してくれないと半ば諦めていた社長に「具体的な記述があまり無く、魅力が伝わりにくい広告表現が原因では。」と分析し、スタッフの写真やコメントを効果的に伝えられる大きい広告サイズ、雇用形態を正社員のみから時間の融通がききやすいパートタイマーへ拡大することを提案。職場見学やブログを告知するなど、様々なアプローチを行った。

受賞者は施設長の取材で、スタッフが気を使わないよう休憩中は近づかないようにしてるというコメントを得て、その人柄に代表される職場の雰囲気が伝わるような誌面作りを行い、「優しい笑顔やスタッフ想いの言葉を入れたことが、応募への安心感につながった」と振り返る。その狙い通りに求職者の背中を押した求人広告の力を発揮した好事例である。

 

求人広告賞2020 求人サイト部門

株式会社日本セレモニー の求人広告(PDF)
※この広告は掲載当時のもので募集は終了しています

受賞者 パーソルキャリア株式会社 岡野晴長、橋本理世
掲載媒体 doda 2020/10/26~12/20
受賞理由 新型コロナウィルスが業界に大きな打撃を与えている今だからこそ、『覚悟』をもって応募してくれる人材に入社してほしいという採用担当者の願いからスタートした募集だという。だからこそ、コロナ禍における冠婚葬祭業界への不安や疑問にきちんと答え、会社のスタンスを情報提供した。コロナの影響を受け逆風下にある業界は、だからこそ変わらなければいけないこと、一方で 日本には「ひとを想う」ことを変わらずに持ち続ける心があること、だからこそ希望はあるし、その希望を形にするために入社してほしいことを訴求。

その結果、118名の応募を集め、採用担当者から「このような大きな反響は、過去を振り返っても一度もなく、驚いています 。これまではコロナ の影響でなかなか採用活動がうまく進まなかったのですが、たくさんの方にお会いできるようになりました。心から感謝しています。」との賛辞を得た広告となった。

 

求人広告賞2020 求人サイト部門

社会福祉法人あいえる協会 の求人広告(PDF)
※この広告は掲載当時のもので募集は終了しています

受賞者 エン・ジャパン株式会社 谷口良輔、柚木しおり
掲載媒体 エン転職 2020/7/30~10/21 
受賞理由 早期離職に悩む広告主の課題に対し、受賞者は入社後のギャップが原因ではないかと分析し、自立支援プログラムに沿った支援を行う同法人の募集では、障がい者本人に任せる・見守るといった対応が求められる同法人の方針や支援内容の理解が必要と考えた。そもそも同法人が目指す自立とは何か、とヒアリングを重ね、「一般的な障がい者施設から、一人暮らしなどに移行するためのステップの場」と位置付けた。

受賞者は、コロナ禍にあってリモートでの取材を実施し、スタッフとして勤務する障がい者から率直な気持ちを聞き取り、福祉施設はどこも同じような取り組みをしているわけではなく、それぞれの方針・スタンスのもと利用者の支援を実施していること、スタッフもその施設ならではの仕事のやりがいや意義を感じながら働いていることを実感。選考委員の高い評価を得た。